仏像・美術品のご紹介

更新日:2020年7月28日

阿弥陀寺には五劫思惟阿弥陀仏、絹本著色観経十六観相図など、長い時の流れを超えて現在に伝えられた歴史・文化の息吹をご覧いただけます。 五劫思惟阿弥陀仏(ごこうしゆいあみだぶつ) 本像は、「色々な人々をどうやったら救ってあげられるのだろう」と、とても長い間思い悩んでいたら髪の毛が伸びてしまったというお姿を表したものです。ちなみに、五劫とは「気の遠くなるほどの長い時間の経過」のことで、落語の「じゅげむじゅげむ、五劫のすり切れ〜」はここに由来しています。


絹本著色観経十六観相図(けんぽんちゃくしょくかんきょうじゅうろくかんそうず) 本図は、「どのような行い」の者でも、南無阿弥陀仏のお念仏を称えることによって救われ、極楽に往生できることを説く「観無量寿経」において、阿弥陀如来の極楽浄土を想見するための十六の観想法を表した鎌倉時代の絵画です。(重要文化財に指定)(元本は奈良国立博物館にて保管)

閲覧数:143回0件のコメント

最新記事

すべて表示

毎日暑い日が続いておりますが、皆様お元気でしょうか? またコロナ感染者数も増えており、不安な日々をお過ごしのことと存じます。 阿弥陀寺では例年通り、8/3~8/10をお墓参り期間といたしております。 専用予約ページにてご予約を承ると同時に、混雑状況を可視化いたしております。 ご予約なしでもお参り頂けますが、どうぞご参考になさってください。 8/1、8/2は準備、また8/11~15は棚経の期間となり