top of page

毎日新聞に「法話巡礼33」取り上げて頂きました。

更新日:2020年7月10日

W新型コロナウイルス禍で多くの人が不安を抱える中、仏教を説く「法話」で心安らかに過ごしてもらおうと、宗派を超えた若手僧侶たちがインターネットでの動画配信プロジェクト「法話巡礼33」を始めた。 企画したのは、2019年6月に真言宗・須磨寺(神戸市須磨区)で「また会いたいお坊さん」ナンバーワンを決める「H1法話グランプリ」を開催した実行委員会の僧侶ら。今年も秋に奈良市で大会を開く予定だったが、新型コロナの影響で中止になった。一方で「今こそ法話を届けたい」という声が上がり、昨年の登壇者や実行委の僧侶らを中心に法話の様子を撮影し、動画投稿サイト「ユーチューブ」に投稿することにした。最終的には「三十三所観音巡礼」にちなみ33人分の法話を集めるという。 続きはこちらのサイトをご参照ください。




閲覧数:43回0件のコメント

最新記事

すべて表示

五重相伝会、始まる

当山、阿弥陀寺では18年ぶりとなる五重相伝会が初日を迎えました。 浄土宗真髄のお念仏の教えを在家の方に5日間の修行を通して体得していただく五重相伝会。 今回の五重では「体も心も整える」をコンセプトに、お食事はヴィーガン、休憩時間にヨガを取り入れるなど、伝統の上にも新しい試みをしております。

Comments


bottom of page